背中ニキビ 服

背中ニキビと洋服の関係!背中ニキビが悪化する服と改善する服

背中ニキビができる原因はいくつかありますが、実は直接背中に触れ合っている洋服も、背中ニキビを悪化させる原因の一つになっていることがあります。

 

そこで今回は、背中ニキビの原因・悪化に繋がる洋服について、詳しくご紹介していきます。
ポイントを押さえた洋服選ぶで、背中ニキビの改善につながることもあるので、ぜひ参考にして明日からのコーディネートに役立てましょう!

 

背中ニキビを悪化させる?洋服の影響

 

ボディケアをしても背中ニキビがなかなか治らない場合、普段来ている下着や洋服を変えてみることで、意外とニキビが改善されることもあります。なぜ下着や洋服が背中ニキビに影響を与えることになるのか、それは背中ニキビが悪化する環境が関係しています。

 

背中ニキビはアクネ菌が増殖することで起こる肌トラブルです。アクネ菌とは肌の常在菌で、普段は肌を守るために働く美肌を維持する重要な菌です。アクネ菌は誰の肌にも存在しているため、アクネ菌が必ずニキビの原因になっているというわけではありません。

 

アクネ菌は空気に触れることを苦手とする嫌気性という特徴があり、湿気が多く皮脂の多い毛穴の中に多く存在していますが、皮脂や古い角質が毛穴に詰まることでアクネ菌にとって好条件がそろい、一気に増殖しニキビとなってしまうのです。

 

このことからもわかるように、アクネ菌が増殖するのは過剰な皮脂分泌や湿気がきっかけとなっているので、通気性が悪い下着や洋服は、背中の皮膚が蒸れやすくなり背中ニキビを悪化させる原因になってしまいます。

 

特に背中は毛穴が多く、汗や皮脂のベタつきを感じやすい場所なので、肌トラブルに繋がることが多いと言えます。背中ニキビの改善には、肌の状態を清潔に保つことも重要になりますが、衣服との密着により肌環境はバランスを崩してしまうのです。

 

また肌に直接触れる下着や衣服は素材によって、肌に刺激を与えてしまうこともあります。
特にポリエステル・ナイロン・アクリルなどの化学繊維には注意が必要です。

 

化学繊維とは石油系の原料を人工的に合成した繊維で、多くの洋服に使用されている素材ですが、肌の刺激となることが多い素材でもあります。化学繊維は通気性も悪いため、先述の通り、背中ニキビを悪化させる要因になることがあります。

 

このようにいつも着ている洋服の繊維や機能性によって、背中ニキビが生じる原因になったり、症状を悪化させる原因になったりするので、背中ニキビや肌トラブルが気になる時には、ボディケアでなく下着や洋服の見直しをしてみるのもいいのではないでしょうか。

 

背中ニキビの改善に!効果的な洋服選び

 

背中ニキビの改善で普段来ている下着や洋服を見直すのであれば、肌への負担が少ないものを選ぶことがポイントです。

 

化学繊維が含まれる洋服が肌の刺激になってしまう可能性があるので、コットン・麻・ウールなど、肌負担が少ない天然繊維の洋服を選ぶようにしましょう。背中ニキビは衣服の擦れによっても悪化してしまうので、肌触りの優しいものがオススメです。

 

洋服を選ぶ時にはついつい可愛さなど見た目重視で選んでしまいがちですが、肌トラブルを引き起こす場合もあるので、肌の状態に合った素材や機能性のものを選んで、背中ニキビの改善に繋げましょう。

 

背中ニキビの改善は洋服にも注意して!

 

背中ニキビが治らない原因で、洋服の影響を考えることはなかなかありませんが、意外と影響は大きく、ボディケアをするよりも洋服の見直しをすることが、早期改善につながることもあるので、ぜひ洋服の素材や肌への影響なども頭に入れておましょう。

 

また、それまでは何ともなかった服が急にチクチクしたり、違和感を感じたりすることもあります。肌状態の変化に敏感に気付くことが、背中ニキビの予防や悪化を防ぐことにもつながるので、日頃から体の変化に注意し美肌を維持するように心がけましょう!