背中ニキビ 潰す

背中ニキビは潰すと危険!?背中ニキビの正しい対処法と注意点

背中ニキビができるとついつい潰してしまいたくなりますが、顔のニキビと同様に背中ニキビも潰してしまうと、跡が残ったり肌を傷付けたりと、肌の状態を更に悪化させてしまう可能性があります。

 

そこで今回は、背中ニキビを潰すことで起こりうる肌トラブルや、美しい肌を維持するための正しい対処法などを詳しくご紹介していきます。
背中ニキビを潰してしまう前に、ぜひ参考にして肌への影響を回避しましょう。

 

背中ニキビは潰すとどうなる?

 

背中ニキビは、ニキビの原因菌であるアクネ菌が毛穴の中で過剰に増殖したことが原因で起こります。アクネ菌の過剰な増殖により、体を守ろうと白血球が集つまると毛穴は炎症を起こし、アクネ菌と戦った白血球が膿となりニキビが生じているのです。

 

膿が溜まった白ニキビや炎症状態が続いている赤ニキビなどが背中にできると、痛みやかゆみを伴うこともあり、ついつい気になって潰してしまうという方も多いことでしょう。

 

しかし、背中ニキビを爪や指で潰すことで、ニキビ周辺の皮膚はかなりのダメージを受けることになります。また爪や指に付着していた雑菌が、潰したニキビの傷から侵入し、更なる炎症を起こしてしまう危険性もあります。

 

このように背中ニキビを潰すことで、肌には大きなダメージとなり、最悪の場合、皮膚の内部奥深くの細胞にまで影響を与えることになってしまい、ニキビ跡を残すだけでなく、皮膚が修復不能となり、クレーターのような凹凸肌になってしまうこともあります。

 

病院でニキビ治療をする場合、治療の一環としてニキビを潰して治す方法があります。ニキビを潰した方が早く快方に向かうこともありますが、病院では潰した後もしっかりと処置を行っているので、自分で潰すのとは全く別物だということを覚えておきましょう。

 

何気なく潰してしまった背中ニキビは、あなたが思っている以上にダメージが大きく、美しい肌を損なう原因になってしまいます。

 

また背中ニキビは自分で潰さなくても、体を洗ったり拭いたりする時や下着や衣服が擦れた時など、潰す気がなくても潰れてしまう場合があるので、背中ニキビができてしまった時には、潰さないよう注意してお手入れをするようにしましょう。

 

潰しちゃダメ!背中ニキビの正しい対処法

 

背中ニキビの原因となっているアクネ菌の増殖を防ぐためには、生活習慣の見直しと肌を清潔に保ち、状態を安定させることが重要なポイントになります。

 

規則正しい生活を意識すれば、体全体のバランスが整うようになり、健康な肌状態を維持することができるようになります。
そして特に注意が必要なのが、睡眠と食事です。

 

睡眠中は成長ホルモンが盛んに分泌され、体のダメージ修復や肌の生まれ変わりを行う重要な時間です。睡眠不足や不規則な睡眠時間は、そういった健康な肌を維持する働きを阻害してしまうので、質の良い十分な睡眠をとるように心がけましょう。

 

また美肌をつくるためには、必要となる栄養素を食事がら摂取することが大切です。
ビタミン類やミネラルなどを多く含む食材をバランス良く食べるようにしましょう。

 

気を付けておきたいのが、カロリーが高く脂質の多い食事です。ファストフードやカップ麺、コンビニ弁当などは栄養素が少ないだけでなく、脂分によって皮脂の分泌を促してしまうため、背中ニキビを悪化させてしまうので、偏った食事が多い方は注意しておきましょう。

 

背中の皮膚を清潔に保つためには、しっかり洗うことが大切ですが、洗い過ぎは乾燥を悪化させたり、ゴシゴシ洗いで皮膚にダメージを与えたりと、背中ニキビにとって悪影響になってしまうことも多々あります。

 

石鹸やボディソープをしっかり泡立てて優しく洗うようにするのがポイントです。すすぎ残しは肌にとって良くないので、しっかりすすぎましょう。最後に保湿のケアを行い、肌の状態を整えることが大切です。

 

その他にも、下着や衣服の擦れで潰れてしまうことを防ぐためにも、背中ニキビがあるところに当たらない下着や衣服を選んだり、肌に優しい素材を選んだりと工夫しみましょう。

 

背中ニキビが潰さずに正しく対処しよう!

 

背中ニキビを潰すと皮膚はかなりのダメージを受けてしまうので、自分で潰すことは絶対にやめましょう。もし潰してしまった場合は、膿などをキレイに拭いて消毒をしておきましょう。炎症がひどい場合は直ぐに病院を受診することをおすすめします。

 

背中ニキビを潰すのは一瞬ですが、改善するまでにはかなり長い時間をかけてしまうことになります。クレーター肌になってしまうと、自分で改善するのは難しくなってしまうので、潰すのではなく正しいケアで背中ニキビを治すように心がけましょう!