背中ニキビ 原因

背中ニキビを何とかしたい!肌トラブルを引き起こす原因と対処法

なかなか気付きにくい背中ニキビ、そのままにしておくと悪化したりニキビ跡が残ったりと、改善がどんどん難しくなってしまいます。

 

なぜ背中ニキビができるのか、その原因を理解しておけば、背中ニキビを早期に対処したり、予防したりすることができます。
そこで今回は、背中ニキビができる原因について、詳しくお伝えしていきます。

 

あなたの背中ニキビの原因は?
ぜひ参考にして、本当に効果のあるお手入れについて考えてみましょう!

 

背中ニキビができる気になる原因

 

背中ニキビには大きく分けて2つの種類があり、アクネ菌が原因となっているいわゆる「背中ニキビ」と、マラセチア菌が原因となっている背中ニキビに似ている「マラセチア毛包炎」に分けられます。

 

このアクネ菌とマラセチア菌はどちらも肌の常在菌で、誰の肌にでも存在している一般的な菌です。この2つの菌は性質や働きともに似ている部分が非常に多い菌で、美しい肌を維持するためにはなくてはならない菌なのです。

 

肌は弱酸性が良いとよく聞きますが、肌を弱酸性に保つ働きをしているのがこの2つの菌です。肌を弱酸性に保つことで、外部ダメージや雑菌の侵入を防ぐ効果が高まるため、肌のバリア機能を高める重要な働きをしています。

 

この2つの菌はともに、空気に触れることを嫌う「嫌気性」と湿気や皮脂を好む「好脂性」という性質があります。そのため空気が少なく皮脂が多い毛穴に好んで存在しているため、身体の中でも毛穴の分布が多い背中に多く存在している菌です。

 

肌のバランスが安定している時には何の問題もなく肌を守る菌ですが、肌のターンオーバーが乱れたり、皮脂や汗が過剰に分泌されたりすることで、アクネ菌やマラセチア菌にとって肌の状態が好条件となり、一気に増殖し背中ニキビになってしまうのです。

 

2つの菌の増殖に繋がるターンオーバーの乱れを引き起こす原因は、睡眠不足・食生活の乱れ・ストレスなど、生活習慣が大きく影響しています。ターンオーバーが乱れると古い角質が蓄積し、皮脂や汗と混ざることで毛穴詰まりを引き起こしやすくなってしまうのです。

 

アクネ菌とマラセチア菌は肌にとって重要な働きがあるため、背中ニキビの原因だからと、私たちの体から一掃してしまうと美肌を保つことが難しくなってしまいます。
上手に付き合いながら、菌の増殖につながる原因を予防することが大切です。

 

背中ニキビの原因に合わせた対処法

 

背中ニキビを改善するためには、まず背中ニキビの原因がアクネ菌なのかマラセチア菌なのかを見極めることが大切です。

 

アクネ菌による背中ニキビは、痛みやかゆみを伴うことが多く、大小さまざまな大きさのニキビが生じ、潰すと膿が出るのが特徴です。それに比べ、マラセチア菌による背中ニキビは同じ大きさの赤いブツブツが密集して生じ、痛みやかゆみもなく膿も出ません。

 

アクネ菌による背中ニキビの場合は、皮膚を清潔に保ち生活習慣の乱れを改善すれば、徐々に治っていきますが、マラセチア菌が原因の場合は、抗真菌薬での治療が最も有効な手段になるので、まずは皮膚科を受診し適切な薬を処方してもらい治療するようにしましょう。

 

どちらの菌も同じような条件で増殖してしまうので、日頃から生活習慣や皮膚の状態には注意しておくことが大切です。質の良い睡眠・栄養バランスの整った食事・ストレスを溜めないことを意識して生活すれば、ターンオーバーの乱れを予防することができます。

 

また皮膚を清潔に保つことは大切ですが、ナイロンタオルなどでゴシゴシ洗うと肌のダメージに繋がってします。特に背中はシャンプーやボディソープのすすぎ残しが多い場所で背中ニキビを悪化させる原因になってしまうので、気を付けるようにしましょう。

 

背中ニキビは原因に合わせた早めの対処を!

 

背中ニキビはなかなか気付きにくく、お手入れもしにくい場所なので、一度できてしまうと改善が難しくなってしまいます。日頃から生活習慣や肌の状態に注意しておくことで、菌の繁殖による背中ニキビを予防することができます。

 

また先ほど説明した通り、背中ニキビの原因によっても改善のためのアプローチが変わってくるので、まずはあなたの背中ニキビの原因が何なのかを、見極めることから始めてみましょう!