背中ニキビ マラセチア菌

背中ニキビの原因菌!?マラセチア菌の働きと肌トラブル

お顔にできるニキビはアクネ菌が影響していますが、背中ニキビはアクネ菌ではなく、マラセチア菌という肌の常在菌が原因となっている可能性があることをご存知ですか?
あまり聞きなれないマラセチア菌ですが、皮膚にどんな影響を与えているのでしょうか…。

 

そこで今回は、背中ニキビの原因となっているマラセチア菌について詳しくご紹介していきます。マラセチア菌がどんな働きをして、どう背中ニキビとなってしまうのか、ぜひチェックしてみましょう!

 

背中ニキビの原因!?マラセチア菌って何?

 

マラセチア菌とは、背中ニキビの有無に関わらず、誰の皮膚にも存在して常在菌で、真菌と言われるカビの仲間なのです。皮膚にカビ!?と感じる方も多いとは思いますが、肌に常在している菌には、美しい肌を維持するための重要な働きも担っているのです。

 

マラセチア菌は、アクネ菌と同様に肌を弱酸性に保つ働きがあります。肌を弱酸性に保つことで、外部ダメージやトラブルを起こす雑菌などの侵入を防ぎ、肌のバリア機能を高める重要な働きをしている菌なのです。

 

マラセチア菌もアクネ菌も、皮膚にバランス良く存在している時には、このように美肌を維持する働きをしてくれますが、過剰に増殖することで、肌トラブルを引き起こす要因となってしまうのです。

 

マラセチア菌は湿気や皮脂の多い場所を好んでおり、毛穴が多く衣服などで蒸れやすい背中には多く存在しています。そのため汗や皮脂のベタつきをそのままにしておくと、マラセチア菌にとって好条件の環境となり、一気に増殖し背中ニキビとなってしまうのです。

 

マラセチア菌によって生じたニキビは、正確にはニキビではなく「マラセチア毛包炎」という皮膚炎です。アクネ菌を原因とするニキビと見分けがつきにくく、なかなかマラセチア毛包炎とは見分けられないことがほとんどです。

 

マラセチア毛包炎とニキビの違いとしては、マラセチア毛包炎はニキビのように痛みやかゆみなど皮膚の違和感を感じることが少なく、背中にマラセチア毛包炎ができてもなかなか気付きにくいといったマイナス点も…。

 

その他にも、マラセチア毛包炎は同じ大きさの赤いブツブツが無数に密集して生じ、潰しても膿が出ないのも特徴です。ニキビのように1つだけ大きなニキビができたり、潰して膿が出るようなことがないのも見分けるポイントになります。

 

背中に赤いブツブツが密集して生じている時には、背中ニキビではなくマラセチア毛包炎の可能性が高いので、適切に対処するようにしましょう。

 

背中ニキビの正しい対処法

 

背中ニキビが、マラセチア菌が原因のマラセチア毛包炎である場合、自分でニキビケアをしてもなかなか改善は難しいでしょう。マラセチア毛包炎を改善させるには、皮膚カビの治療が必要になるので、まずは皮膚科を受診するようにしましょう。

 

皮膚科での治療は主に、抗真菌薬を処方してもらい塗布することで、1~2ヶ月程度で肌の状態が落ち着き、キレイな背中を取り戻すことができます。
また炎症がひどい場合には、合わせてステロイド剤を処方されることもあります。

 

マラセチア毛包炎は再発しやすい肌トラブルのでもあるので、皮膚が落ち着いた後も治療が継続して必要になる場合があります。赤いブツブツがなくなったからといって自己判断で薬をやめましょう。医師の指示に従い適切に治療を進めることが重要です。

 

マラセチア毛包炎を予防するためには、皮膚を清潔に保っておくことが大切です。ベタつきやすい背中はキレイに洗い、シャンプーやボディーソープのすすぎ残しのないように、しっかり洗い流しましょう。

 

熱や湿気がこもると、マラセチア菌が繁殖しやすい環境になってしまうので、下着や衣服は通気性が良く清潔なものを身に付けるようにしましょう。

 

正しくケアしてニキビのない美しい背中へ!

 

背中ニキビは、マラセチア菌が原因のマラセチア毛包炎の可能性もありますが、マラセチア菌とニキビの原因菌であるアクネ菌は同じような性質を持っているため、マラセチア毛包炎ができるということは背中ニキビもできやすい環境と言えます。

 

その逆で背中ニキビができるということは、同時にマラセチア毛包炎も引き起こしてしまう可能性が高くなってしまうので、日頃から背中の状態やボディケアをしっかり行って、美しい背中を維持するように心がけましょう!