背中ニキビ できやすい人

背中ニキビができやすい人とできにくい人の違いを徹底比較!

ブツブツと気になる背中ニキビ、実は背中ニキビができやすい人とできにくい人がいることをご存知ですか?
今回はそんな背中ニキビができる人とできにくい人の違いを徹底比較してみました。

 

あなたはどっち?
ぜひ参考にして、背中ニキビのない美しい背中を維持しましょう!

 

背中ニキビができやすい人とできにくい人の違いは?

 

背中ニキビができる原因は、ニキビの原因菌であるアクネ菌が毛穴の中で増殖し、炎症を起こす肌トラブルです。しかし、背中ニキビの原因になっているアクネ菌は、肌の常在菌なので誰の肌にでも存在している菌です。

 

アクネ菌はニキビの原因としてあまり良くないイメージがある方が多いと思いますが、肌を弱酸性に保ったり、肌のバリア機能を強化し外部ダメージや雑菌の侵入を防いだりする働きをしている、美肌を維持するためには重要な菌なのです。

 

ではなぜアクネ菌が背中ニキビになってしまうのか…、それはアクネ菌が増殖してしまう原因にあります。

 

アクネ菌は空気に触れることを嫌うため毛穴の中に多く存在していますが、お肌のターンオーバーが乱れて、古い角質が蓄積するようになると、皮脂と混ざり毛穴詰まりを起こしやすくなってしまいます。

 

毛穴詰まりを起こすと、毛穴の中は更に空気に触れることが少なくなるため、アクネ菌にとっては住み心地の良い肌環境へと変化していきます。アクネ菌にとって環境の良い毛穴の中で皮脂を栄養としてどんどんと増殖・炎症となり、ニキビが生じてしまうのです。

 

このことからも背中ニキビができてしまうのはアクネ菌のせいだけではなく、ターンオーバーが乱れ不安定になった肌状態や過剰な皮脂分泌の影響によって、背中ニキビができる原因となっているのです。

 

先述の通り、アクネ菌は誰の肌にでも存在する常在菌なので、ターンオーバーの乱れと皮脂の過剰分泌が、背中ニキビができやすい人とできにくい人の違いということになります。

 

背中ニキビができやすい人の対処法

 

背中ニキビができやすい人は、できにくい人に比べると、ターンオーバーが乱れがちで、皮脂の分泌が多いと言えます。その2点をしっかりケアし、肌バランスを整えることで、背中ニキビができにくい肌へと変化していくのです。

 

まずターンオーバーが乱れる原因から見ていきましょう。

 

ターンオーバーとは、肌が新しい細胞を生み出しながら古い角質を排出していく肌の新陳代謝のことです。ターンオーバーは20代であれば約28日を1サイクルとして行われますが、乱れるとサイクルが遅くなり、古い角質が排出されずに肌表面に残ってしまうのです。

 

ターンオーバーが乱れる大きな原因として、睡眠不足・ストレス・飲酒・喫煙など生活習慣の影響が挙げられます。生活が不規則になりがちな方は、ターンオーバーが乱れやすいので、背中ニキビの改善には生活習慣の見直しが重要なポイントになります。

 

質の良い睡眠をとり、ストレスを上手に発散しながら規則正しい生活を心がけましょう。
ターンオーバーが整えば、古い角質による毛穴詰まりを改善することができるようになります。

 

次に皮脂の過剰分泌です。特に背中は体の中でも毛穴が多い場所なので、過剰に皮脂が分泌するとベタつきやすく、毛穴詰まりを起こしやすくなります。皮脂が過剰に分泌する原因は、肌が乾燥していることが考えられます。

 

肌が乾燥していると、うるおいを保とうとする働きから皮脂の分泌を促すこととなり、乾燥が改善されない限り、皮脂の分泌はどんどんと過剰になってしまうのです。
背中はケアが難しい場所ですが、肌を清潔にした後はしっかり保湿するようにしましょう。

 

また皮脂の分泌は毎日の食事によっても影響を受けています。特にチーズやバター、生クリームなどの動物性脂肪の多い食品を多く含む食事やカロリーが高く脂っこい食事などは皮脂の過剰分泌を促すことになるので、背中ニキビの改善のためには控えましょう。

 

野菜や魚などを栄養豊富な食材を多く摂り、栄養のバランスが整った食事がオススメです。
脂質も少なく、多くの栄養をバランス良く摂取できる和食は、肌のバランスを整える理想的な食事と言えます。ぜひ和食中心のヘルシーな食事を心がけましょう。

 

背中ニキビはしっかりケアして予防しよう!

 

背中ニキビができやすい人は、生活習慣や食事の見直しをすることで、肌バランスを整えて背中ニキビができにくい肌へと変化していきます。

 

背中ニキビができやすい肌質を改善できれば、肌トラブルで悩むことも減っていくはずです。ぜひ、自分の食生活に当てはめながら、改善できる点について考えてみましょう!