背中ニキビ アクネ菌

背中ニキビの原因はアクネ菌!?ニキビを治すためのボディケア

お顔にできるニキビの原因として有名なアクネ菌。
実は背中ニキビの原因としてもアクネ菌が肌状態に影響を与えているのです。
そこで今回は、アクネ菌の働きや肌に与える影響について詳しくご紹介していきます。

 

アクネ菌は肌にどんな影響を与えるのか、ぜひ参考にして毎日のボディケアを見直してみましょう!

 

背中ニキビの原因?アクネ菌の働きと肌トラブル

 

顔や背中にできるニキビの原因となっているアクネ菌。アクネ菌はお肌の常在菌であり、ニキビができていない美しい肌にも存在している菌です。菌ならニキビができる前に殺菌したら?と思いますが、アクネ菌にはニキビの原因となる以外にも重要な働きがあります。

 

肌には様々な種類の常在菌が無数に存在していますが、その中でもアクネ菌は代表格と言っていいほど多く存在しています。アクネ菌の働きとしては、肌を弱酸性に保ち、外部からの刺激や雑菌の侵入・繁殖を防いで、肌のバリア機能を高めている重要な菌なのです。

 

アクネ菌は空気に触れることを嫌う「嫌気性」と脂分を好む「好脂性」という性質があるため、空気に触れることが少ない毛穴に住みついています。
毛穴の多い背中やTゾーンなどは特にアクネ菌が多く存在している場所と言えます。

 

肌の状態が落ち着いている時には、肌のバリア機能としての働きをしているアクネ菌ですが、肌のターンオーバーが乱れ古い角質が蓄積したり、皮脂の分泌が多くなったりすることで毛穴詰まりを起こすと、アクネ菌は一気に増殖するようになります。

 

皮脂や古い角質で毛穴詰まりを起こした毛穴は、嫌気性であるアクネ菌にとって居心地の良い環境となり、さらに皮脂を栄養として過剰に増殖することになります。アクネ菌の増殖により毛穴の中で炎症や化膿が起こり、背中ニキビとなってしまうのです。

 

背中ニキビを改善するためには、このアクネ菌の増殖を防ぎ、肌のバランスを整えることが重要にです。アクネ菌が正常に働く環境を整え、美しい肌を維持するお手入れを意識するようにしましょう。

 

アクネ菌による肌トラブルを抑えるボディケア

 

アクネ菌の増殖を食い止めるためには、肌のターンオーバーの乱れを改善することが大切です。ターンオーバーが乱れると、古い角質が肌表面に蓄積し、毛穴詰まりを起こしやすくなるので、アクネ菌が増殖しやすい環境を作ってしまうことになります。

 

ターンオーバーは生活習慣の影響を受けやすく、睡眠不足や喫煙、ストレスなどがターンオーバーを乱す要因となっています。
日頃から規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

 

また毎日の食事も重要なポイントです。肌の健康を保つための栄養素は食事から補う必要があるので、栄養バランスの整った食事を摂るようにしましょう。カロリーの高い脂っこい食事は、皮脂分泌を活発にして背中ニキビを悪化させる原因になるので注意しましょう。

 

背中ニキビが悪化する原因には、シャンプーやボディーソープのすすぎ残しも考えられます。ゴシゴシ洗うとお肌を傷つけてしまうので、優しく泡で洗い上げて、しっかり流して、すすぎ残しのないようにしましょう。

 

お風呂上りは肌が乾燥しやすいので、ローションやクリームで肌の状態を整えましょう。
汗や熱がこもってしまうとアクネ菌が増殖しやすくなってしまうので下着や衣服は通気性が良く、肌触りが優しいものがオススメです。

 

背中ニキビができてしまった時には、生活習慣や食事を見直して、お肌の状態を整えてあげることが大切です。ターンオーバーが整うと、肌が毛穴詰まりのない正常な状態を維持することができるので、アクネ菌の増殖を食い止め、背中ニキビを改善できます。

 

アクネ菌と上手に付き合ってニキビのない美しい背中へ!

 

アクネ菌は背中ニキビの原因ではありますが、美しい肌を維持するためにも重要な常在菌なので、過剰に増殖しないように上手く付き合っていくことが大切です。

 

今回ご紹介したように生活の中でアクネ菌の増殖に繋がる要因を見直し、肌のバランスを整えることを意識して背中ニキビの改善を目指しましょう。